まずは成功を体験してみる。

オリンピックの水泳選手の練習方法で、

「ゴム」の力を使って練習する、

というようなお話を読んだことがあります。

最初はてっきり、

“スタート地点”と“自分”をゴムでつないで、

ゴムの縮む力よりも強く泳げるように、

自分の泳ぐ力を強化するのかな、と思ったのですが。

そうではなく、“ゴール地点”と“自分”をゴムでつなぐそうです。

ゴムの縮む力を使って、

“自分”が普段よりも“速い”スピードで泳ぎます。

「速く泳ぐことは、どういうことか(どういう感覚か)?」ということを

身体に覚えこませる、という練習だそうです。

「速く泳ぐこと」を身体が覚えることで、そのようになれるように、

「目標が明確になる」と。

マラソンで、

さすがに“ゴール地点”と“自分”をゴムではつなげられませんが、

いろいろな練習方法から、

さまざまなことも学んでいけるようになりたいと思います、

ホワイトです。

株式会社IPSコスメティックス アイピホワイト

Google Reader Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on8月 26th, 2010 at 1:36 PM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Responses are currently closed, but you can Trackback..

Comments are closed.

-->