Archive for the ‘アイピオレンジ’ Category

心地よい集中

日曜日のレッスンは、バッハの「二つのヴァイオリンのための協奏曲」を

弾きました。

リハビリに、弾きやすい曲ばかりしていて、久しぶりに早くて臨時記号の

多いこの曲。

かなり集中しました。

家ではこの曲も練習していたのですが、やっぱり甘えが出てしまっていて

難所はさらっと流してしまっていました。

レッスンとなると、難所も立ち向かわなければなりませんが

一人では集中できないのが、先生のお力を借りてガッと集中でき、

以前のように弾くことができました。

この「集中」はとても心地いいもので、終わったあとの満足感が違います。

改めて、集中することの楽しさと、自分一人ではできない弱さを

感じたのでした。

株式会社IPSコスメティックス アイピオレンジ

感じること

先日友人が、憧れていたバイオリニストの巨匠のコンサートに行って、

落ち込んで帰ってきたという話を聞きました。

めったに会えない巨匠のコンサートにウキウキして出かけて、

素晴らしい音楽を堪能したのですが、あまりにもの素晴らしさに

自分がちっぽけな存在ということを思い知らされてしまったのだそうです。

  

この話を聞いて、楽しむために行ったコンサートですっかり酸化してしまった

友人が、私よりも何歩も先を行ってしまったように感じました。

ただ楽しむだけでなく、いろんなことを学んでいる友人のように

感じる心を私ももちたいと思った出来事でした。

株式会社IPSコスメティックス アイピオレンジ

久しぶりのレッスンは

オレンジです。

しばらく体調不良の為、レッスンにいけませんでしたが、久しぶりに

土曜日にレッスンに行きました。

レッスンは家での練習とは全く違い、家ではスルーしてしまう細かいことを

指導していただけます。

つい忘れていた事がたくさんあり、その細かいことが治ったおかげで

ぐんと良くなったりします。

そんな事もあるので、レッスンはやっぱり楽しいです♪

今回はリハビリ的にゆっくりの曲を少しだけしかできませんでしたが、

(その代わり、子供のほうは結構長くとってもらいました)

また以前のように週一回のレッスンをして、前進したいと思います。

株式会社IPSコスメティックス アイピオレンジ

目標をつくらなければ。

近頃のツヅケルンジャーは、スポーツのレンジャーさんのチャレンジで

盛り上がっていますね。

大会という目標があって、それを達成する楽しみや苦しみを

味わえていて、とても素晴らしいと思いました。

音楽レンジャーのブラウンさんも、試験を目指してがんばっていますね。

ワタシ、オレンジは、今は何もクリアするべき目標を持っていません・・・。

毎年参加している、発表会(もどき)にも、今年は出られそうも無く(泣)

一曲一曲を昨日より上手に弾くことを心がけていますが、やはりみなさんの

ように具体的な目標がないとダメだな~と思っています。

小さくてもいいので、まずは一つたててみようと思います。

株式会社IPSコスメティックス アイピオレンジ

やっぱり練習ですね

昨日はヴァイオリンを習い始めた頃に、習った曲を弾きました。

初めの頃に習った曲なので、簡単な曲ばかりです。

「星に願いを」「アヴェマリア」「G線上のアリア」「愛のあいさつ」などなど。。。

ゆっくりで、臨時記号などがあまりないので、弾きやすいのですが

やっぱり上手に弾けません。

先日の高嶋ちさ子さんや、TVから時々流れてくる曲を聴くと、

たとえ短い曲でも、情感があり、うっとりしてしまうのですが、

私が弾くと、「単に弾いただけ」。

まだまだ「私、弾けます!」というレベルに達しませんが

少し、進展がありました。

音に少し、深みが出たように感じました。

少しですが、とてもうれしく思いました。確実に上達できている手ごたえを

感じることが、次のやる気につながります。

  

練習が終わると、全身ガチガチに凝り固まっていて痛いのは

相変わらずです。

まだまだ力が抜けません。

上手な人は何でもラクにやっているように見えますよね。

余計な力を抜けるように、練習です。

株式会社IPSコスメティックス アイピオレンジ

コンサートへ

オレンジ家は高嶋ちさ子さんの「バギーコンサート」へ行ってきました。

このコンサートは自らも小さなお子さんがいらっしゃる高嶋さんが

小さい子どもがいても音楽を楽しめるようにと企画されたもので

赤ちゃんから入れます。

会場がこんな感じでベビーカーがずらり!

演奏中も泣き声が聞こえていますが、子連れの方ばかりなので

キッとにらむ人もいません。

   

ヴァイオリンを始めてから、生の演奏を聴きに、ちょいちょいコンサートへ

でかけていましたが、子どもが生まれてからは聴きにいけなくなっていました。

未就学児はNGというところがほとんどです。

でもこうやって、小さい子どもにも音楽を楽しませてあげるという企画は

ほんとにうれしいです。

  

プログラムは「愛の喜び」や「チャールダッシュ」など、大人が楽しめる曲と

「トトロ」や「ディズニーメドレー」など、子どもが楽しめるもの、

それから子どもがステージにのぼり、一緒に演奏できるものもあり、

大満足でした。

(高嶋さんのトークはTV通りに面白いです(笑))

   

プロの演奏はやはり素晴らしく、一音一音が艶やかで美しかったです。

なぜこんな音を出せるのか・・・オレンジも少しでも理想の音に

近づけるように、練習をしなければ!

株式会社IPSコスメティックス アイピオレンジ

久しぶりの練習は・・・

体調が悪かったため、少し練習・レッスンをお休みしていました。

日曜日に時間が取れたので久しぶりに2時間ほど練習をしました。

先生からは、「前に習った曲も練習しておかないと、弾けなくなりますよ」と

言われていたのですが、案の定、弾けなくなってしまった曲が

いくつかありました・・・。

練習のときは、今レッスンしている曲ばかりを弾いてしまいますので、

あるとき思い出したように過去の曲を弾くと、

「ここどうやって弾くんだっけ??」というようなことがあります。

できていたことが出来なくなってしまうのはとても残念なことです。

わからなくなってしまったものは、今度のレッスンで先生に教えて

いただいて、復活させたいと思います。

そういえば、指の筋力も衰えていました・・・。

㈱IPSコスメティックス アイピオレンジ

ビブラート

ビブラートはとても難しいです。

でもビブラートのかからないヴァイオリンの音なんて、

お醤油をつけないで食べるお寿司のようなもので・・・??

物足りないんですね。

ですので、ビブラートは必須なのですが、難しいです。。。

特に高いポジションでの小指でビブラートは全然指が動きません(泣)。

先生には少しでもいいから、動かすようにしてください、と。

動かないし、めんどくさいから飛ばしてしまえ!と悪いオレンジが

ささやくのを無視して、まじめなオレンジにがんばってもらいます。

できなくてもやろうとし続けないと、一生できないままですよね。

株式会社IPSコスメティックス アイピオレンジ

赤ちゃんの「ラ」

調弦は毎回行うのですが、とても難しいことの一つです。

そしてちょっとめんどくさい。。。でもとても大切です。

ヴァイオリンは4つの弦がありますが、一番低い音は「ソ」、

次が「レ」「ラ」「ミ」となります。

(弦をおさえない時の音)

その中の「ラ」の音をまず合わせて、ほかの弦を調節しますが、

自分では合っていると思っても、先生が聞くとちょっとずれていたり。

また、先生が合わせてくれるときの微妙な調節がよくわからなかったり。

難しいです。

そんな「ラ」の音ですが、ピアノなどの音を基準に合わせます。

(オーケストラの場合は狂いの少ないオーボエなのだそうです)

オレンジは、ちっちゃい笛みたいなもので合わせています。

   

それでは何故「ド」ではなく、「ラ」なのか。しかも、世界中どこでも「ラ」です。

ご存知の方も多いと思いますが、人間が一番最初に発する音が

「ラ」なのだそうです。

つまり赤ちゃんの産声ですね。

この話を最初に聞いたときは、とても神秘的なものを感じました。

どの赤ちゃんもみんな「ラ」の音程で泣くなんて不思議です。

そしてワタシ、出産のときに検証してみました!

娘の産声を聞きながら、これが「ラ」なのかしら?と考えながら

耳を傾けて。

ところが悲しいかな、オレンジに正しい「ラ」の音程がわからず。

これが、「ラ」なんだ・・・うんうん、と自分に納得させたのでした。

株式会社IPSコスメティックス アイピオレンジ

音楽を通して感じること

子供はみんな音楽が大好きですね。

小さいころにお母さんや、保育園などで教えてもらう歌は

優しく、楽しい音楽がほとんどなので、楽しい気分になるのでしょうか。

人生の中で、「想像力」はとても大切なものだと思います。

その想像力を育むうえで、音楽とのかかわりは必要なことではないかと

感じます。

いろんな物語がある歌を想像しながら楽しく歌う。

そこからはじまって、悲しい歌、のどかな歌・・・と広がり、

さらに音楽だけではなく、絵本や遊びを通してもっと想像力が育まれる、

そんなふうに今感じています。

  

子供がうたっている歌で、とてもかわいい歌があります。

「アイスクリームのうた」という歌です。

アイスクリーム、アイスクリーム、どこからどこからなめよかな。

とけちゃうよ、でもどこからなめよかな。ペロ。

こんな歌詞です。

今日は、ばななアイスね。とか言いながら、保育園のみんなで

想像のアイスを持って、最後にペロッと舐めるまねをしていました。

いろんなアイスを食べた気分になり、大人気な歌だそうです。

オレンジの子供にも、歌、ヴァイオリンの音、ピアノの音、様々な音楽から

無限の想像力を育んでいってもらいたいと思っています。

株式会社 IPSコスメティックス アイピオレンジ

-->