Archive for the ‘アイピカーキ’ Category

スクワットのみ

スピードウォーキングをやめて、首や手首から下までの痛みは消えましたが、手首辺りから小指にかけてのジンジンとくる違和感だけは消えません。

カーキが続けている膝突き腕立てが原因ではないかとご指摘を頂き、その膝突き腕立てもやめてしばらくはスクワットのみを続けていきたいと思います。

IPSコスメティックス アイピカーキ

スクワット

スピードウォーキングを一時的にやめて、スクワットに切り替えて約一週間が過ぎましたが、肘辺りから小指にかけてのジンジンとくる痛みというか違和感が取れません。

始めたスクワットはというと、現段階では20回からスタートです。毎日継続して続けられる回数というのを最優先にしました。

慣れてきたらセット数を増やしていきたいと思います。

IPSコスメティックス アイピカーキ

スクワット

スピードウォーキングを続けていましたが、個人的体感ですが、スピードウォーキングをすると首から手にかけての痛みが続くので相談したところ、一旦スピードウォーキングを中断して原因を探ることになりました。

その代わりスクワットを取り入れることにしました。

つま先から膝を出さないルールで、まずは一回でどれくらい出来るかやってみましたが20回過ぎた辺りから膝辺りがガクガクし始めてきました。

スクワットもまずは自分が続けられる範囲の回数というのを探っていきます。

IPSコスメティックス アイピカーキ

ウォーキング

これまで休みなく30分以上のウォーキングを続けて、腰や腕、首などに痛みを感じるようになり、週2でウォーキングをしない日を設けるようにしました。

これまで休みなくウォーキングを続けて体重をキープしていましたが、ウォーキングを取り入れない日を導入して体重をキープ出来るのか実験してみたいと思います。

IPSコスメティックス  アイピカーキ

 

腰痛

ややぎっくり腰のような腰痛を抱えていましたが、腰痛があった時に大切なことを教えて頂きました。

人によって症状に違いがあると思いますが、カーキの痛めた時の状況や普段のライフスタイルを伝えたところ、

基本的には安静、しかし日常生活に加えて軽い歩行などの軽い運動は継続すると教えて頂きました。

1週間経過しましたが、腰痛は殆どなくなり、いつもの生活を取り戻せました!

自分で判断せず、プロに聞くのがベスト、と痛感しました。

IPSコスメティックス  アイピカーキ

通勤ウォーキング

毎日通勤時に30分前後のウォーキングを続けていました。

しかし、ここに来て首や腕、そして腰に激痛が走り一時中断しています。

以前ランニングをしている時でも週2回でしたので、それを考えると毎日30分ウォーキングを継続していたのは自分が思っている以上に体に負担が掛かっていたようです。

通勤ウォーキングを取り入れたことにより、太りにくくなり、体重をキープ出来るようになったと個人的に体感出来てます。

自分の体の具合を見て、休息を入れつつ通勤時のウォーキングを継続していきます。

IPSコスメティックス アイピカーキ

ウォーキング

毎朝1駅手前で降りてのウォーキングを続けていますが、最近体感していることは意識してスピードを上げてウォーキングをやると、翌日足だけでなく首や腕、背筋に痛みがありスピードウォーキングそのものが全身運動であることを体感出来ました。

スピードの調整、体の調整もしつつ通勤ウォーキングわ継続していきたいと思います。

IPSコスメティックス アイピカーキ

背筋チャレンジ2

背筋を鍛えるためバックエクステンションという初心者向けの方法を取り入れています。

背筋を上げる時に、上げることばかりに夢中になっていると足元が浮いてしまう時があります。

これは教えてもらったやり方ですが、そんな時は足を隙間などに入れてやると防ぐ事が出来ます。

例えばソファの下の隙間等です。

背筋トレーニングも正しい姿勢かどうか常に意識して継続していきます。

IPSコスメティックス アイピカーキ

 

背筋チャレンジ

膝付き腕立てに加えて、背筋にもチャレンジします。

今の段階では、バックエクステンションというやり方でトレーニングを積み重ねていきます。

まずは自分が一回でどれくらい出来るか、そして、その翌日の体の具合を見ながら、トレーニングの回数を調整していきます。

IPSコスメティックス  アイピカーキ

ストレッチ

通勤しながら30分ウォーキングをしていますが、最近出勤前、靴を履く前に心掛けていることがあります。

アキレス腱のストレッチです。

ポイントは

1 正座の状態から左脚だけ立てる

2 胸で立てた左膝を押しながら状態を前に倒していく1

3 反対の脚も同様に

4 アキレス腱が伸びているのを感じながらゆっくり行う

です。

途中で脚がグキっとならないように気をつけながら継続していきます。

 

IPSコスメティックス アイピカーキ

-->